今おすすめなシューズをゆるーく解説するシリーズ8

おすすめシューズ情報

今おすすめ、価格的におすすめなシューズをゆるーく解説するシリーズ、ランシューはカテゴリを分けました、第8弾です。
ちなみにランシューをまとめているのは、結局スパイクだけしっかり選んでも、他のよく履く靴が駄目なら…という話だからです。


今回はブルックスのランニングシューズ、トラセンド7。

定価19800円、販売価格5940円、約70%OFFの値引き
クッション性とオーバープロネーション対策が特徴のランニングシューズ。

ざっくりどんな感じなのかも解説しておきます。

偏平足気味の方に適した仕様



このシューズの推しはクッション性と、偏平足気味の方に適した仕様。
高い衝撃吸収能力に加え、内側を支えるパーツが多く採用されているのが特徴です。

偏平足気味の方に発生しやすい足裏の痛みに対応しやすく、特化しているのが特徴です。
・偏平足気味の方には相性抜群

O脚気味だと不向きかも



足が内側に倒れやすい偏平足気味の方に適しているため、逆に外側に荷重が乗りやすいO脚気味な方には不向きな傾向にあります。

加えてクッション性が高く、ダッシュやジャンプも得意ではありません。
・外側荷重だと不安なシューズ

偏平足気味の方に!



偏平足気味の方、偏平足由来の問題がある方にはかなり嬉しいシューズとなっているトラセンド7。

クッション性高く、偏平足の足に不足しがちな部分を補うシューズにもなっているので、自覚のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました