CAPITTEN ONE MID 簡易解説

capitten サッカースパイク

本日はイニエスタ選手のサッカースパイク、カピテンONE MIDの簡易解説です。

新しいメーカーとして登場している今回の一足は、ミドルモデルになります。


開発にはアシックス、アスレタ、コンケーブのスパイクに携わった方が関わっている今回の一足。

早速機能性の詳細を見ていこうと思います。

お店のレポートはこちらからどうぞ

詳しめの解説はこちらにあります

アッパー前足部


今作、アッパー素材には牛革を採用しています。

トップモデルではカンガルーレザーですが、ミドルモデルでは牛革を採用。


質感としては見た目に近い印象です。

牛革というよりは、人工皮革感もある雰囲気。


硬いという事はありませんが、極端に柔らかい、薄いと感じる事もないアッパーです。
・前足部分は牛革採用

アッパー中足部


アッパー中足部以降は人工皮革を採用。

こちらも硬くなく、前足部と近い感覚となっています。


前足部含め特徴的なのは内側の仕様。

ウルトレッツァよりも更に沢山、柔らかく、ソフトなクッションが入っています。

そこにふわふわの起毛材を組み合わせている設計です。


これはシュータンでも同様で、表は質感的に他と同じ。

ですが、裏側が肉厚で、包み込むようなフィット感を生み出しやすい仕上がりです。


靴紐は7つ穴で、この辺りはオーソドックスとなっているカピテン。

履き心地のソフトさが一つ特徴と言えます。
・足を包み込む、分厚く柔らかいフィット

アッパー後足部


アッパー後足部、かかとには内蔵型のヒールカップが搭載。

アウトソールの巻き上げも加え、強度は十分な仕上がりです。


また、内側には広く柔らかなパッドが採用されています。

起毛材と組み合わせることで、足当たりのいい仕上がりになっているのが特徴。


中底には後硬く、前柔らかいタイプのものを採用。

つま先は柔らかく、後ろはしっかりしている仕様です。


そしてインソールにはメッシュのシンプルなものを採用。

ここはシンプルです。
・靴擦れしにくいかかと設計
・強度のあるヒール

アウトソール


アウトソールには円柱をベースにした13本スタッドを搭載。

メーカー公式では短めの濡れた芝に最も適したソールとなっています。

対応しているかは不明ですが、形状上は人工芝も問題なさそうです。
※剥がれる剥がれないはしらん。ビスが無いのと一応天然皮革、ソールの設計から、接着が強固じゃないとしんどそうではある。


基本的には円柱スタッドの全方向へのグリップが特徴となっている今作。

屈曲や衝撃緩衝のための意匠もありつつ、


中足部以降はかなり強度が高く設計されている仕様。

変に後ろの方で曲がる、という事は少なそうです。


シンプルな円柱ベースなので、癖が少なめになっているのは良い所。

程よいグリップになりやすい設計でした。
・円柱スタッドによるシンプルなグリップ

まとめ

・包み込まれる柔らかく分厚い履き心地
・ソフトな履き心地によるフィット感
・円柱スタッドのシンプルなグリップ
特徴としては上記の3点が主な長所に成り得るスパイクです。
どのような選手に適しているかというと、
・イニエスタ選手が好きな人
・新しい製品を試したい人
・他とは被りたくないけど、無難なものを選びたい人
比較的無難に出来ている今回のカピテン。

トップモデルはまた仕様が少し変わるはずなのですが、現在は販売されていません。
※記事執筆は10/30

トップモデルもまた確認してみようと思います。

スタジアムモリスポへはこちらからどうぞ

他販売店はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました