サッカースパイク 各メーカーのサイズ感をまとめ 比較しました

スパイク基礎知識 履き方&選び方

サッカースパイクをネットで購入する際に、気になるサイズ感。

今回はそのサイズ感について、大き目、小さ目といったカテゴリでわかりやすくまとめておこうと思います。




ちなみに足囲の広いスパイク、狭いスパイクもまとめていますので、上記も良ければ参考にしてみて下さい。



※データ化したものはこちら

【サイズ感小さい】

まずは明らかに0.5cmサイズアップが必要になることの多いシューズをまとめます。

下記スパイクはかなり小さ目な印象で、元々履いているシューズから0.5cmサイズアップする事を推奨します。







・ヒュンメルのヴォラートシリーズ
・スボルメのデルサルマシリーズ
・アシックスのリーサルシリーズ、メナスシリーズ


この4シリーズはどれもサイズ感小さ目に設計されているため、0.5cmサイズアップがおススメです。

【サイズ感小さめ】

次に人によっては0.5cmサイズアップが必要なスパイクを紹介。

特にサイズ感が大きいスパイクから履き替える場合には注意が必要です。







・ミズノ モレリア2JAPAN
・ミズノ レビュラカップシリーズ
・アンブロ アクセレイターシリーズ
・ヤスダ リガレスタ(旧イノベーター)シリーズ


この辺りのスパイク、シリーズはどれもサイズ感がやや小さめに設計されているため、ヒトによっては0.5cmサイズアップが望ましいと思います。

【サイズ感普通】

この辺りのスパイクをいつも履いているのであれば、基準としてはわかりやすいです。

サイズ感がそこまで極端に小さくない、大きくないスパイクをまとめます。






























かなり大部分のスパイクが微妙な誤差程度でサイズ感標準程度の枠に収まっている事が、この例からもわかるかと思います。

ナイキ ティエンポシリーズ
ナイキ マーキュリアルシリーズ
プーマ フューチャーZシリーズ
プーマ ウルトラシリーズ
ミズノ モレリアネオⅢ
ミズノ モナルシーダNEOシリーズ
ニューバランス 442シリーズ
ニューバランス フューロンシリーズ
アシックス DSライトシリーズ
アシックス ウルトレッツァシリーズ
アンダーアーマー マグネティコSL
アスレタ T006
アディダス コパカピタン
アディダス コパセンスシリーズ


この辺りのスパイクは比較的大きく標準の範囲内からはみ出ていない印象で、わずかな誤差がある程度という所。

基本的にサイズを変える必要性は薄いスパイクが多いです。

【サイズ感大きめ】

やや大きめに感じやすいスパイクが下記になります。

ただ、0.5cmサイズダウンするほどではない事が多いと思われます。













ナイキ ファントムGTシリーズ
アンダーアーマー クローンマグネティコ
コンケーブ ハロシリーズ
アディダス エックスゴーストシリーズ
アディダス プレデターシリーズ
アディダス ネメシスシリーズ


アディダスを中心に、やや大きめのシューズが多い印象を受けます。

サイズはどこを基準にするかによりますが、小さ目のスパイクを基準にするなら0.5cmサイズダウンする事も検討して良いかと思います。

【サイズ感大きい】

最後は明らかにサイズ感が大きいスパイクですが、これは多くありません。

過去には他にもありましたが、



現在だとリーサルアルティメットがその例の一つに。

ランニングシューズ用の足型を用いているのでゆったりとした履き心地で、サイズ的には0.5cmサイズを下げた方が良いくらいのものになっています。

【まとめ】

 
rectangle_large_type_2_0072d5701eddb6c436327ec545b3bc2a

今回はスパイクのサイズ感という所についてまとめてみました。

自分の丁度いいサイズ感がどこに当てはまっているかを考えて、そこを基準にサイズ感を考えて頂ければ、ある程度気持ちよくネットでも購入できるかもしれません。

サイズだけでも合わせた方が気持ちよく履けるので、参考になっていたら、是非友人やチームメイトにシェアしてくださいね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました