ニューバランス 442 V2 PRO HG D レビュー

ニューバランス 着用感想&紹介記事

本日はニューバランスのフィット性を重視したサッカースパイク、442 V2 PRO HG Dのレビューになります。

442 V2 PRO HGは柔らかなカンガルーレザーに、超軽量性を付与した、軽量、柔軟、素足感覚のスパイク。

今作は新しい足型に変更され、履き心地を大きく改善した、素晴らしいフィット感が特徴のスパイク

早速レビューしていきます!
※商品のみ提供頂いています。



詳しい情報はNOTEにて配信中

足型


足幅D~E程度、つま先周り高さ標準、甲回り高さ標準程度となっています。
足幅に関しては2E幅タイプとD幅タイプが出ており、今回のD幅タイプはややスリムな方に適した設計。

今回0014はいつも通りの25.0cmを購入しましたが、幅的には概ね問題なし、サイズは少し小さ目な印象を受けます。


サイズを変える必要があるかはその人次第な所はありますが、大き目なスパイクでは無い仕上がりです。

そのため、人によってそのままか、0.5cmサイズを上げるような方向になるかと思います。


全体的なフィット感としては、今作はカンガルーレザーの薄さ、ぴたっと吸い付くフィット感が印象的

前作よりも強度のバランスも整っており、素足のような履き心地のスパイクになっています。

アッパー前足部


アッパー前足部にはカンガルーレザーを使用し、指先まで履き心地ゆったりな仕様に仕上がっています。

ベーシックな薄手のクッション材、裏材を使用することで、カンガルーレザーの薄くフィットする履き心地が特徴の前足部となっています。

タッチ感 サッカー


アッパー部がカンガルーレザーで構成されているため、薄く、素足で触るような感触に仕上がっています。
グリップ性は特別強くありませんが、ストレスになるようなこともありません


程よい柔らかなクッションフォームが入っているため、レザーの素足のような感触に、柔らかさも兼ね備えられているようなタッチ感。

ステッチパターンが効いているのか、滑りやすいようなことも感じません。


後はタッチ感以上に、指先のゆとり、履き心地の良さが特に感じやすい所。

薬指辺りまでゆったりと入りやすいので、指先までストレスなく着用できるのは良い所でした。

中足部


アッパー中足部にはマイクロファイバーを採用した設計。

程よい柔らかさ、サポート性のある中足部となっています。


中足部はインサイドのピタッと吸い付くようなフィット感や、甲部のストレスの無いフィットが特徴的。

アウトサイドはサポート性がありつつ、全体的には薄くピタッとしたフィット感、素足のようなフィット感を感じやすい仕様になっていました。

トラップ感 サッカー


そして中足部は薄い感触がより出ており、マイクロファイバーの柔らかさが感じられやすい仕上がりです。

特別な機能は搭載されていませんが、足にピタッとフィットするマイクロファイバーが心地よく、柔らかなタッチを感じやすいです。


程よい薄さもあり、適度な柔らかさもあり、素足感がやや強めの柔らかさになっているのが今作の特徴。

強烈な個性はありませんが、万人受けしやすい薄さ、柔らかさのあるトラップ感です。

ホールド感 ラグビー


鋭い切り返しや踏ん張るのに大切なホールド感ですが、ホールド性については、前作よりはかなり改善されている印象。

際立って強いサポート性ではありませんが、前作のような柔らかさだけではない事がわかります


程よいサポート性が兼ね備えられているため、ある程度柔らかさ、フィット性と、ホールド性の両立が実現されているのが本作の良い所。

ストレスの無い履き心地、ブレないズレないフィット感を演出するのに、十分なサポート性を発揮していました。

アッパー後足部


アッパー後足部、かかとにはヒールカップが採用。

強度的にはやや柔らかく、サポート性より履き心地の良さが感じられます。


ここも前作から大きく改善されており、履き口のサポート性を高めたことで脱げにくさ、フィット感が高まっているのがポイント。

内部の構造も滑りにくく、前作にあったような脱げやすさは全く感じさせない履き心地になっていました。

蹴り心地 サッカー


サッカーボールの蹴り心地については、甲部がマイクロファイバーで、薄くシンプルな蹴り心地です。

薄く、ボールを捉える感覚がわかりやすい蹴り心地となっています。


前足部もカンガルーレザーなので、薄さ、柔らかい感触が印象的。

グリップ性は高いように感じませんが、ストレスになるようなボールの滑り感は無かったです。

蹴り心地 ラグビー


ラグビーボールの蹴り心地に関しても同様で、基本的には甲部の薄さ、ボールをしっかりと捉えやすい蹴り心地。

飛距離的には極端に飛ぶ、飛ばないというのは無いです。


ギミックとして特別変わったことはありませんが、ストレスになるようなこともない蹴り心地になっている本作。

いつもの感覚で蹴りやすいものとなっていました。

アウトソール


アウトソールには土、人工芝、天然芝と使用できる新型HGソールを採用。

今作は大幅に軽量化されたアウトソールとなっており、非常に軽快に感じます。


このアウトソールは円柱をベースに構成し、グリップ力、旋回性を高めているソールに。

薄く軽いソールですが、程よい反発性も持ち合わせており、アッパーと合わせて素足のような履き心地のソールとなっています。


素足のような履き心地、走り心地、軽快さを生み出すソールであるのに加え、前作にあったような突き上げ感が無いのも本作の良い所

グリップ力、軽量性、素足感が高まっているのに、突き上げ感は無いという、良い方向に改善されています。

スピード


そしてスピード感、疾走感に関しては軽さとグリップ、程よい反発、素足感が感じられるものに。

特に軽さ、グリップ力は十二分に感じられる仕上がりです。


加速に関しても問題ない仕様で、しっかり効くグリップと軽さが好印象。

スピード感は十分で、しっかりとグリップの効く、程よく反発する、素足感のあるアウトソールに仕上がっています。


本作からアウトソールが一新されていますが、確実に以前までよりも良く感じやすいアウトソールになっています。

本作であれば、スピードやターンといった面もカバーしやすいでしょう。

ステップ


ステップ、アジリティに関しては、円柱スタッドではありますが、しっかりと効くグリップ感です。

アッパーのホールド性は強いとは言えないので、ハードユースする場合は少し心もとない気もします。


ただ、アウトソールの部分に関しては相当良くなっており、鋭い切り返し、ターンの動きが圧倒的にやりやすくなっているものに。

クイックな動きにも対応しやすいソールとなっていました。

まとめ

・フィット感〇 薄く柔らかく、吸い付くフィット
・軽量性〇 アッパー、ソール共に非常に軽い
・グリップ〇 素足のように動くソール
ニューバランスのフィット性を重視したサッカースパイク、442 V2 PRO HG Dのレビューは以上となります。

主に上記の3点、フィット感、軽量性、グリップに優れたスパイクで、吸い付くようなフィット感が特に長所となるスパイクでした。


サッカー部なら多くが好みそうな軽量性、素足感、フィット感に仕上がっている442 V2 PRO

前作の欠点を潰しつつ、素足の力を活かすアッパー、ソール設計になっているので、まずは一度ためしてみてはいかがでしょうか。

ご購入、ご検討はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました