最上位モデル スーパーフィート エブリデイペインリリーフ 紹介

SUPERFEET

本日は偏平足傾向のある足に対して強みのあるインソールであるスーパーフィート、そこから出ているミッドアーチタイプのインソール




2021071215080701



スーパーフィート エブリデイ ペインリリーフの紹介、解説です。

サッカーショップKAMO等でよく展開されているブラック、ブルー、カーボンの上位モデルともいえる製品で、より幅広くカバーできる製品。





2021071215080700



厚みも中間くらいでフィッティングをそこまで損なわない、サポート性の高い一枚となっているエブリデイペインリリーフ。


早速機能性を紹介していきます。




【機能性】
2021071215080602



まずスーパーフィートシリーズの特徴である載距突起を抑える仕様は、ミッドアーチ対応のブルーでも採用されています。


載距突起はかかとが内側に倒れる関節面にある場所で、かかとと距骨の接する底面側にあり、





2021071215080600



かかと内側、やや前の部分を盛り上げることで、過度にかかとが内側に倒れるのを防ぐ設計に。


この構造設計をハードなスタビライザーが支えることによって、かかとが内側に倒れすぎることによる問題、偏平足等の緩和が期待できそうな機能が備わっています。




2021071215080603




加えてこのエブリデイペインリリーフはヒールカップも適度な深さが保たれています。


シューズのフィット感を損ねない程度に、かかとがしっかりと収まるように設計されているのが特徴で、かかとの左右へのぐらつきを抑え、より強固にサポートする事が可能なものとなっています。



2021071215080300



また、接地面は点での接地になっていますが、より安定性が欲しい場合や靴のかかととのフィット性を高めたいケースに有用なサポートパーツも付属。


好みに合わせて使い分けることが可能な、カスタマイズ性もあるインソールとなっています。



2021071215080600
2021071215080402



そして、設計上最も強いのは載距突起部を支える仕様ですが、エブリデイペインリリーフでは外側にも隆起があり、外側へのサポート性も兼ね備えているものに。


加えて横アーチに関しても微妙に隆起が設計されており、落ち込まない程度に支持するような機構となっています。




2021071215080502



その為、スーパーフィートの理論から特に偏平足傾向のある方に適していますが、他の部位もバランスがとれたサポートとなっており、比較的万人受けしやすい製品となっています。


ただし、アーチ部はやや低めの標準的なアーチタイプ設計となっているため、過度な偏平足、平たい足に関しては弊害が出る場合もあります。

サポートが強いため、アーチ部に接触しないかどうか、といった程度のものを選ぶ事が、スーパーフィートシリーズでは大事になります。



2021071215080301
2021071215080601



そして、基本のフォーム材は少し柔らかめの設計で、軽く反発性のあるような素材に。


表面はスーパーフィートシリーズにしては珍しく滑りにくい素材を用いているので、スーパーフィートシリーズは好きだけど表面が滑るのが気になる、という方におすすめなインソールとなっています。





2021071215080401


基本的にはこの黒いカーボンスタビライザーが載距突起を中心に支える設計で、主に偏平足傾向のある方に対して強いギミックになっているのがスーパーフィートの特徴。


ただ、今回のエブリデイペインリリーフはミッドアーチ設計なので、強い偏平足傾向のある方は、以前紹介しているカーボンやブラックを検討した方が良さそうです。

【まとめ】
2021071215080702



載距突起を中心に支えることで、足元の骨格を整えられるスーパーフィート エブリデイペインリリーフ。

その機能性を解説していきました。




2021071215080900



硬質なカーボン素材のスタビリティが非常に高いサポート性を発揮する一方で、ミッドアーチ設計のエブリデイペインリリーフはあまりに偏平足が酷いと対応できない一枚に。

ただし、滑り止めがついているのはスーパーフィートシリーズの中では希少で、かつ外側のアーチや横アーチへのサポートもあるため、流石既製品最上位に当たるモデルと言えます。



2021071215080801



勿論足によっては他の製品の方がしっくりくる、という場合もあると思うので、気になる方は一度実物を確認してみてはいかがでしょうか。










 
ではでは




コメント

タイトルとURLをコピーしました