今おすすめなスパイクをゆるーく解説するシリーズ14

今おすすめ、価格的におすすめなスパイクをゆるーく解説するシリーズ、続くかもわからないですけどちょびっとだけやってみますと言いながら意外と続いてます、第14弾です。





今回はニューバランスの日本向けフィッティングスパイク、442 PRO HG。

定価17380円、売値5998円と、トップモデルにしては定価を抑えてくれている製品が、更に6000円という価格にまで大きく値下がりしている製品。




ざっくりどんな感じなのかも解説しておきます。

【柔らかい履き心地が〇】



このスパイクの長所といえば、やはりアッパーの柔らかさ。


カンガルーレザーがふんだんに使用されており、柔らかくゆったりとした履き心地が特徴のスパイクとなっています。








また、アウトソールは土、人工芝、天然芝とマルチに使える、素足感の強いものを採用。


アッパーの柔らかさ、足馴染み、そしてソールの屈曲性の高さと利便性から、ニューバランス版モレリア2ともいえるようなスパイクと言えます。

【難点は柔らかすぎる事】



難点は長所でもある柔らかさ。


アッパーもソールも柔らかいのが特徴なので、サポートやホールドといった機能は低いものとなっています。



ラグビーにはおススメする事は少ないですが、サッカーで柔らかさを重視する方であれば良いかもしれません。





ちなみにサイズ感は標準的で、足幅は今回のモデルがDモデルなので、E程度位の足幅の人が履くと丁度いいかと思われます。

【履き心地の柔らかさは一級品】



アッパーの柔らかさ、ソールの屈曲性の高さは一級品と言える442 PRO HG。

履き心地の柔らかさ、ゆったりさを求めるのであればこれ以上ないスパイクと言えます。



一方で柔らかすぎるのが苦手、ホールド感が欲しいという方にとっては適さないスパイクともいえる一足。

柔らかいのが好きな方は検討してみる価値があるかもしれませんね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました