PUMA エヴォスピード1.5 詳細&ラインナップ公開!

プーマ 新情報

EURO、コパアメリカで着用されるPUMAのスパイク、











image

©PUMA









エヴォスピード1.5、エヴォスピードSL2、エヴォパワー1.3の詳細が判明したので、書いていこうと思います。













image
image


©SWS









まずは発売予定日。





こちらは4/29となっており、現在予約が始まっています

















image
image
image










次にエヴォスピードの商品ラインナップ。











image






エリートモデルにはエヴォスピードSL2にはカーフレザー採用のSL2 LTHと、マイクロファイバー素材を使用したSL2がラインナップ。







価格はSL2が約24000円、LTHが29000円程度。















image








エヴォスピード SL2のアッパーには極薄の繊維素材で構成された超軽量アッパーを採用。











image











それだけでは軽いだけで強度に欠けるため、アッパーのインナーには格子状の樹脂製サポートフレームが入っているという設計です。























image












アウトソールにはナイロンで構成されたスピードトラックアウトソールを搭載。







超軽量なアウトソールに、前後左右への切り返し、ターン運動にも適切に対処できるスタッドの配置がなされた、アジリティ重視のFGソールとなっています。















image
image










一方 SL2 LTHのアッパーには極薄カーフレザーを採用し、天然皮革の柔らかさも同時に実現しています。











SL2は片足26cmで103g、LTHは約130g程度となっており、超がつくほどの軽量性となっています。

























image








エリートモデルの次にくるトップモデルにはエヴォスピード1.5 HG、FG、SGがラインナップ。









価格はHGが約19500円、FG&SGが約20500円となっています。





















image








エヴォスピード1.5 FGのアッパーには超軽量マイクロファイバーを採用。

















image
image












表面にボールグリップ力を高めるグリップテックス加工、中足部にサポートフレームを搭載したことで、滑らないボールタッチと機敏に動けるアッパーを実現しています





















image












このアッパー部分に関してはエヴォスピード1.5 HGもほぼ同じ機能性が持たされています。

















image












また、インナーには格子状のサポートフレームが搭載されています。













image










エヴォスピード1.5 FGのラスト(足型)にはパワーAPTOラストを採用。





細身のラストとなっています。





















image








一方でエヴォスピード1.5 HGにはエヴォJラストを採用。





日本人の足にあわせたラストで、やや細身のラストとなっています。

























image












エヴォスピード1.5 FGのヒールにはアウトソール一体型となったヒールカウンターを搭載。



SLモデルと同じ設計です。















image








一方でエヴォスピード1.5 HGではヒールカップ構造がとられています。















ちなみに、ヒールライニングにはソフトPUライニング×グリップテックスライニングが採用されているようで、かかとのズレ、滑りを抑えてくれ、かつ柔らかい設計となっています。













image










そして今回からはSLモデルと同じ形状のソールがエヴォスピード1.5 FGにも搭載されています。







軽量かつアジリティにも優れた天然芝専用のアウトソールです。

















image










HGモデルでは前作同様の土、人工芝に対応したHGソールを搭載。













中足部を中心にスピードトラックスパインが搭載されているのが特徴で、速く走ることができ、かつ自然な切り返しを実現する設計となっているHGソールです。













軽量性を極めつつアジリティを重視したFGモデルと、耐久性を確保しつつスピードとアジリティを高めたHGモデル。











FGモデルは片足27cmで145g、HGモデルは27cmで約225gという重量となっています。























image








その他にもTFモデルや各種エントリー~ミドルモデルが展開される予定で、それはエヴォパワーシリーズも同様です。







エヴォパワー1.3シリーズの詳細についてはこちらこちらを参考にしてもらえればと思います。



























image
image








StartBelieving、ForeverFasterと続き、今回はPlayLoudを合言葉にしたプーマトリックス。











4/29が楽しみになってきましたね!♪



















(上記スパイクのご予約はこちらからどうぞ)





















ではでは(^_^)/


















コメント

  1. ワカロナ より:

    遂にエヴォスピード1.5来ましたか!
    個人的にマイクロファイバーの柔軟性やホールド性が気になりますね。
    大分クオリティが上がってきた感じがしますね笑

  2. 0014 より:

    ワカロナさん
    流石にもう5代目ですからね笑笑
    確かにアッパー素材や感触が楽しみですよね~♪

  3. エデンダイキ より:

    今回のSL2は10試合限定では無いですよね?

  4. 0014 より:

    エデンダイキさん
    素材、コンセプトが抜本的に見直されていない以上、SL2は10試合程度と考えた方がいいかと思います笑

  5. エデンダイキ より:

    ありがとうごさいます。
    やっぱりそこは変えられないですか。
    前回のSL-Sが出て欲しいですり

  6. 0014 より:

    エデンダイキさん
    SL-Sなら、エヴォスピード1.5 FGが今回それに近いかと思います!

  7. エデンダイキ より:

    本当ですか!
    今回のFGはかなり気になります!

  8. 0014 より:

    エデンダイキさん
    SL-Sが好みだったのなら、今回は1.5に期待ですね!笑

タイトルとURLをコピーしました