アドラー 鳳輦走 ホレンソ レビュー

ラグビースパイク 着用感想&紹介記事

本日はアドラーの軽量スパイク、鳳輦走、ホレンソのレビューになります。

ホレンソはオールカンガルーレザー×超軽量となっているサッカースパイク。

日本人向けのフィッティング、オールカンガルーレザー、超軽量性が特徴のスパイク

早速レビューしていきます!


足型


足幅2E程度、つま先周り高さ標準、甲回り高さ標準程度となっています。

足幅は標準程度、E程度でも履けますが、2E程度はあった方が良いフィット感となっています。


0014は今回いつも通りの25.0㎝をチョイス。
サイズ的にはやや小さめですが、サイズを変えずとも着用出来ました。

幅的にはレギュラー幅位ではありますが、オールカンガルーレザーで良く馴染むので、3E、ワイド位でもストレスなく履けそうな印象です。


全体的なフィット感としてはオールカンガルーレザーが瞬間フィット、ストレスない印象

極薄のレザーが履いた瞬間フィットする、軽量レザースパイクになっていました。

アッパー前足部


アッパー前足部にもカンガルーレザーを採用。

極薄で素足のような、すぐに馴染むのが特徴のアッパー。
履き心地もストレスの無いアッパーとなっています。

タッチ感 サッカー


タッチ感は素足のような、レザーの薄さがとにかく特徴です。
クッション材も相当薄いので、素足に近いようなタッチ感を感じやすい設計。

程よいステッチで滑りにくくもなっており、レザーのクラシカルさ、素足のようなタッチ感となっています。


ここまでレザーアッパーで薄いタッチ感のものは、昨今だとなかなか無い印象を受ける今回のホレンソ。

レザーの柔らかさと薄さで、素足のような心地いいタッチ感となっていました。

中足部


アッパー中足部もオールカンガルーレザーで構成され、シューレースには糸伍 伊賀組紐を採用。

極薄のカンガルーレザーが瞬間フィットする、薄く包み込むフィット感が好印象です。


また、シューレースの伊賀組紐が高いサポート性、ホールド性を発揮しており、甲をしっかりと抑えられる事が可能になっています。

甲部のサポートもしっかりしている、良い感触を受ける事が出来ました。

トラップ感 サッカー


中足部のタッチ感は更に極薄、素足のような感触が顕著です

レザーと裏材だけのペラッペラなので、殆ど素足といっても過言ではありません。


昨今のスパイクも薄い、ダイレクトな感触のものが多い印象ですが、ホレンソは極薄のレザーによるトラップ感が印象的。

極薄レザースパイクのシンプルなタッチ感を味わえる一足となっていました。

ホールド感 ラグビー


鋭い切り返しや踏ん張るのに大切なホールド感は、正直ここを期待するスパイクではないという印象

伊賀組紐がサポート性を強化していますが、流石にオールカンガルーレザー、素早い動きよりもフィット性を重視している印象です


ただ、付属のリアラインインソール ライトはグリップ性もあるため、シューズ内で足がズルズル滑るようなことはありませんでした。

基本的に非常に柔らかいタイプのスパイクですが、サッカーなら場合によってはいけるサポート性だと思います

アッパー後足部


アッパー後足部、かかとにはヒールカップが採用。

オールカンガルーレザーではありますが、ヒールカップ部分は強度を保った設計となっており、履き心地柔らかな印象です。

蹴り心地 サッカー


サッカーボールの蹴り心地については比較的ダイレクトにボールへ力が加わる感触

特別な機能性は備わっていませんが、甲部のシュータンもレザーで極薄なので、シンプルにボールを捉えられる蹴り心地を感じます。


ジャルマカンの時はズシッした感触が強かったですが、ホレンソは軽量であるため、より振り抜きやすい感触が印象的。

昨今のスパイクに近い蹴り心地と言えます。


軽さとダイレクト感がより強調された蹴り心地となっているホレンソ。

蹴り心地に違和感やストレスはありませんでした。

蹴り心地 ラグビー


ラグビーボールの蹴り心地に関しても近い印象で、薄さ、ダイレクト感が強い印象

特に蹴り心地に関しては問題になるような印象は無く、蹴り心地としては上々です。


ただ、安定性に関しては高くないので、軸足接地のシーンは気をつけたい所。

後はソールの衝撃が結構あるので、その辺りも気になる所でしょうか。

アウトソール


アウトソールには土、人工芝、天然芝に対応したクラシカルなソールを採用。

中底にKarvo、インソールにリアラインインソールを採用する事で、反発性と足裏を支えるサポートを備えたユニットとなっています。


シンプルな円柱スタッドで、程よいグリップ性が特徴となっているアドラーのスパイク。

少し強度は心配ですが、リアラインインソールによるサポートもあるソールとなっています。

スピード


スピード感、疾走感に関してはある程度Karvoによる反発がある印象です

硬さがやや目立つソールで、思ったよりは中足部のたわみは感じません。


グリップ自体は強くは無く、程よい感触。

Karvo中底なので、ジャルマカンよりスッと足が抜けやすい感覚で走れる印象です。


引っ掛かりすぎないグリップ感と反発性で、思っていたよりは進むソールという印象。

衝撃は強めなので、そこは留意しておいてもいいかもしれません。

ステップ


ステップ、アジリティに関しては、ほどほどのグリップで、ホールド性は高くないことから、適しているとは言えません

ズレたりしすぎて動けないとまでは言いませんが、基本的に柔らかいスパイクという印象です。


ジャルマカンより柔らかいので、正直ステップ、サイドへのカッティングは他に良いスパイクがあるようにも思います。

付属中敷きのリアラインインソールがグリップ性、バランス性向上に一役買っていますが、主力で使うならもう一段階上のインソールを入れておきたいところです。

まとめ

・フィット〇 オールカンガルーレザーの瞬間即フィット
・サポート〇 伊賀組紐×リアラインのホールド×サポートが良い
・タッチ感〇 レザーによる素足のようなタッチ感
アドラーの新作サッカースパイク、ホレンソのレビューは以上となります。

主に上記の3点、フィット、サポート、タッチに優れたスパイクで、素足のようなスパイクであると言えます。


サッカーならポジションを問わずに、素足感を最も大事にする選手に使用してほしいスパイクと言える今回のホレンソ。
ただ、インソールはリアラインインソール プロモデルに変えた方が良さそうです。

メイドインジャパン、クラシカル、素足感を求める選手は検討してみてはいかがでしょうか

商品はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました