アドラー 大和狂 ヤマトキョウ レビュー

ラグビースパイク 着用感想&紹介記事

本日はアドラーの軽量人工皮革スパイク、大和狂、ヤマトキョウのレビューになります。

ヤマトキョウはアドラーの中でも雨天対応、唯一人工皮革採用となっているサッカースパイク。

日本人向けのフィッティング、マイクロファイバーアッパー、軽量性が特徴のスパイク

早速レビューしていきます!


足型


足幅2E程度、つま先周り高さ標準、甲回り高さ標準程度となっています。

足幅は標準程度、E程度でも履けますが、2E程度はあった方が良いフィット感となっています。


0014は今回いつも通りの25.0㎝をチョイス。
サイズ的にはやや小さめですが、サイズを変えずとも着用出来ました。

幅的にはレギュラー幅位で、ちょうどE~2E程度の方にぴったりな印象です。


全体的なフィット感としてはマイクロファイバーの柔らかな履き心地が特徴的

レザーじゃないけど、レザーに近い、マイクロファイバーのスパイクになっていました。

アッパー前足部


アッパー前足部にはマイクロファイバーを採用。

レザーのような柔らかさで、すぐに馴染むのが特徴のアッパー。
履き心地もストレスの無いアッパーとなっています。

タッチ感 サッカー


タッチ感はレザーのような、柔らかさと薄さが特徴です。
マイクロファイバーらしい弾く感じは無く、柔らかさが印象に残るものに。

程よいステッチで滑りにくくもなっており、レザーのクラシカルなタッチ感に近いものとなっています。


マイクロファイバー感は少なく、レザーに近い柔らかなタッチ感が特徴となっているヤマトキョウ。

程よい柔らかさと適度な薄さで、心地いいタッチ感となっていました。

中足部


アッパー中足部もマイクロファイバーで構成され、シューレースには糸伍 伊賀組紐を採用。

マイクロファイバーと伊賀組紐が丁度マッチしており、柔らかく、でもしっかりサポートするフィット感が好印象です。


シューレースの伊賀組紐が高いサポート性、ホールド性が、マイクロファイバー生地と組み合わさることで、包み込むサポートを発揮しているのが印象的。

甲部からサイドまで、程よいサポートを受ける良い感触でした。

トラップ感 サッカー


中足部のタッチ感も前足部と近く、柔らかさが印象的です

前足部との違いが少なく、シームレスで違和感のない所が良い所。


薄く、ボールの感触も伝わりやすい印象で、ステッチによる程よい引っ掛かりも感じられるヤマトキョウ。

シンプルながら、マイクロファイバーというよりレザーに近い感触を受けるものとなっていました。

ホールド感 ラグビー


鋭い切り返しや踏ん張るのに大切なホールド感は、マイクロファイバーと伊賀組紐、リアラインインソールが効いている印象

甲部をしっかり抑え、グリップのある中敷きも組み合わさり、ある程度のサポート性は有している印象です


決してサポート性、ホールド性の高いスパイクでは無いですが、ある程度のホールド性は備えているヤマトキョウ。

ここが長所のスパイクではありませんが、ある程度は効果を発揮しているように感じました。

アッパー後足部


アッパー後足部、かかとにはヒールカップが採用。

程よい強度で、かかと内側のクッションや人工皮革も柔らかく、履き心地良くフィットする印象です。

蹴り心地 サッカー


サッカーボールの蹴り心地については比較的にダイレクトにボールへ力が加わる感触

特別な機能性は備わっていませんが、甲部のシュータンも薄手なので、シンプルにボールを捉えられる蹴り心地を感じます。


ジャルマカンよりはホレンソに近い感触で、より振り抜きやすい感触が印象的。

蹴り心地に違和感やストレスはありませんでした。

蹴り心地 ラグビー


ラグビーボールの蹴り心地に関しても近い印象で、適度な薄さ、ある程度ダイレクトな感触が強い印象

特に蹴り心地に関しては問題になるような印象は無く、蹴り心地としては上々です。


ただ、ホレンソ同様安定性に関しては高くないので、軸足接地のシーンは気をつけたい所。

後はソールの衝撃がやはり結構あるので、その辺りも気になる所でしょうか。

アウトソール


アウトソールには土、人工芝、天然芝に対応したクラシカルなソールを採用。

中底にKarvo、インソールにリアラインインソールを採用する事で、反発性と足裏を支えるサポートを備えたユニットとなっています。


シンプルな円柱スタッドで、程よいグリップ性が特徴となっているアドラーのスパイク。

少し強度は心配ですが、リアラインインソールによるサポートもあるソールとなっています。

スピード


スピード感、疾走感に関してはある程度Karvoによる反発がある印象です

硬さがやや目立つソールで、思ったよりは中足部のたわみを感じないのはホレンソと同じ。


グリップ自体は強くは無く、程よい感触。

Karvo中底で程よく反発し、引っかかりすぎず適度に抜ける感触となっています。


引っ掛かりすぎないグリップ感と反発性で、力が逃げすぎていない感触は受けるものに。

衝撃は強めなので、そこは留意しておいてもいいかもしれません。

ステップ


ステップ、アジリティに関しては、アッパー部がマイクロファイバーのため、ある程度は対応できる印象です

ただ、アウトソールはホレンソ等と同じなので、適したスパイクという印象はありません。


ジャルマカン同様ここが強みのスパイクではありませんが、それでもホレンソ程柔くは無いので、ある程度は対応できるのがヤマトキョウの特徴に。

また、付属中敷きのリアラインインソールがグリップ性、バランス性向上に一役買っていますが、主力で使うならもう一段階上のインソールを入れておきたいところです。

まとめ

・フィット〇 マイクロファイバーのレザーのようなフィット
・サポート〇 伊賀組紐×リアラインのホールド×サポートが良い
・タッチ感〇 素足のようなタッチ感
アドラーの新作サッカースパイク、ヤマトキョウのレビューは以上となります。

主に上記の3点、フィット、サポート、タッチに優れたスパイクで、素足のようなマイクロファイバースパイクであると言えます。


サッカーならポジションを問わずに、素足感を大事にする、どんな天候でも同じスパイクを使いたい選手に使用してほしいスパイクと言える今回のヤマトキョウ。
ただ、インソールはリアラインインソール プロモデルに変えた方が良さそうです。

メイドインジャパン、クラシカル、素足感を求める選手は検討してみてはいかがでしょうか

商品はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました