adidas プレデターマリス レビュー

アディダス 着用感想&紹介記事

本日はアディダスのキックに特化したスパイク、プレデターマリス SGのレビューになります。

プレデターマリスは柔らかなマイクロファイバーにデーモンスキンを採用した、キックコントロールに優れたスパイク。

精度の高いキックを追求しつつ、履き心地やホールド性も兼ね備えたスパイク

早速レビューしていきます!


足型


足幅は2E程度、つま先周り高さ標準、甲標準程度の設計になっています。

今回0014は一つ上のサイズ、25.5cmを購入しましたが、サイズ的にはサイズが上がった分大きくなった印象を受けます。


サイズ的にはこのように、若干のゆとりをもって着用できるようなものに。

基本的にはいつも通りのサイズを選べば問題ないかと思います。
※僕の場合はそもそも25.0cmが国内販売されてなかったので、25.5にしました。


全体的なフィット感としては、ソフトで柔らかなマイクロファイバーが柔らかくフィットしつつ。中足部以降はタイトでガッチリとホールドしてくれるのが印象的

後ろはしっかりとサポート、甲部はクッションで柔らかく、つま先は柔らかなマイクロファイバーが牛革のようにフィット、という感じに仕上がっていました。

アッパー前足部


アッパー前足部にはマイクロファイバーにデーモンスキンを使用したアッパーに仕上がっています。適度な厚みと柔らかさを兼ね備えたマイクロファイバーに、ラバー突起が特徴のアッパー。

デーモンスキンのグリップ力が一番の特徴と言える仕様です。

タッチ感 サッカー


一応サッカーボールも触ってみましたが、サッカー部的にファーストチョイスになるようなものではない印象です。

牛革位のやや肉厚でソフトなアッパーで、加えてデーモンスキンが採用されているため、タッチ感は悪くはない感触。


ただ、薄くボールの感覚がわかりやすいとは言えないですし、グリップだけならプレデターフリークもあるので、取替式が必要なGK辺りならまだありえるかも…程度です。

中足部


アッパー中足部にもマイクロファイバーを使用した設計。

シューレースをアウトサイドに配置することで、キッキング面積を広げる仕様。
コンタクト面が広がることで、キック精度を高めやすくする意匠が設けられています。


また、シューレースにはパワーホールド系のシューレースが採用されており、しっかりとホールドされるものとなっていました。

ホールド感 ラグビー


鋭い切り返しや踏ん張るのに大切なホールド感ですが、ホールド性はかなりしっかりしている印象。

ヒールカウンターの強度もバッチリで、中足部のホールド性も問題なくしっかりしている感触です。


一応、長期間使っていけば柔らかくはなってくるので、次第にホールド性は落ちていきます。

ただ、履き始め~しばらくは少なくとも強度を保てる印象で、柔らかくなっていってもヒールのホールド性は落ちにくい感触を受けました。

アッパー後足部


アッパー後足部、かかとにはヒールカウンターが採用。

履き口回り含め強度はしっかりしており、ガッチリとホールドしてくれるかかととなっています。


かかと自体も太すぎずピタッとフィットし、加えて内部のジオフィット(センスポッドのグリップ強化版)がかかとをバッチリホールドする仕様。

脱げない、サポートしてしっかりついてくるかかとに仕上がっています。

蹴り心地 サッカー


サッカーボールの蹴り心地については、デーモンスキンのグリップ力も多少感じられますが、基本は大味。

シュータン部に結構クッションも入っており、加えてアッパー自体も薄くはないため、繊細さという点では劣ります。


また、取替式であるため、ややダフリやすく蹴りにくさをかんじるものに。

ここはどちらかというとアッパーが、というよりも取替式の性ともいえます。

蹴り心地 ラグビー


ラグビーボールの蹴り心地に関しては蹴りにくさというものはなく、しっかり飛距離も飛ぶ印象です。

デーモンスキンは細かなキック、精度の必要なキックの滑り止め、という感覚で、カーブをかける為というよりは滑らせないためという印象です。


また、ヒールカウンター、ホールド、フィットがしっかりしているので、軸足の安定性も問題ない印象。

取替式でグリップ性高く、ブレない軸足を生み出しています。

アウトソール


アウトソールには天然芝、柔らかい土といったぬかるんだ場所で使える取替式を採用。

旧作、エース16時代のアウトソールですが、ラグビーでは未だ現役のソールとなっています。


このアウトソールは円柱をベースに構成し、前4と後2本が取替式というソールに。

強靭なグリップ性を発揮する、軽量な取替式ソールとなっています。

スピード


そしてスピード感、疾走感に関しては軽さと強いグリップ、程よい反発感が感じられるものに。

際立って軽い、反発するということはありませんが、取替式特有のグリップ性は長所と言えます。


加速に関しては、下地が柔らかければスムーズにいきやすい設計で、適度な引っ掛かりに。

スピード感は十分で、取替式を使うようなグラウンドであれば問題ない、スピード感あるアウトソールに仕上がっています。

ステップ


ステップ、アジリティに関しては、取替式のグリップ性が威力を発揮。

アッパーのサポート性も高いので、激しいプレーでも鋭く切り返しやすくなっています。


ただ、基本的にグリップ性はかなり高いため、普段から使ったりするのには不向きなスパイクに。

ぬかるんだ土、天然芝の試合用スパイクとして使うのがおススメなスパイクとなっています。

まとめ

・キック精度〇 デーモンスキンで滑らない
・軽量性〇 アッパー、ソール共に取替式にしては軽い印象
・グリップ〇 取替式による強力なグリップ
アディダスのキックを重視したスパイク、プレデターマリスのレビューは以上となります。

主に上記の3点、キック、軽量性、グリップに優れたスパイクで、ホールド性も高く、ハードなプレーをしっかり支えるスパイクに仕上がっていました。


サッカー部だとあえていうならGK、ラグビーならBKは勿論、バックローもカバーするスパイクになっているプレデターマリス。

特にキック精度へのこだわりは特筆すべきものがあると思うので、スパイクにキック精度、ホールド性、フィット性、グリップ力を求める選手はまず検討してみてはいかがでしょうか

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました