インソール 各メーカー別特徴 バネ編

高機能インソール

本日は高機能インソールのメーカー別まとめ、バネ編です。

バネインソールは国内で生まれた日本人向けのインソールメーカー。

whats_02

商品ラインナップの特徴としては、基本的にインソールのみとなっているバネインソール。

各競技毎、使用用途別に分かれつつ、一部アーチの高さに合わせてチョイスできるようなラインナップとなっています。



ただ、オーダーメイドインソールは基本的に商品ラインナップにはありません。

既製品インソールのラインナップが広く、かつ対応能力の高いモノが多いので、既製品でカバーしているものとなっています。

barance-1
理論としては主に筋腱群のアーチを適切に柔軟に支え、骨の配列を整えるのが特徴。

特にバランス感覚の向上を謳っており、アーチをサポートしつつも骨をしっかりサポートする旨の記載も多いものとなっています。

top_bn_kenshou3

また、実際に使い比べてみたデータ等も掲載されており、バランス感覚向上を特にメインにしたインソールに。

他メーカーでは立方骨理論や載距突起特化等の理論も見受けられますが、バネインソールもいい意味でバランスがうまく取れたインソールメーカーとなっています。

ちなみに契約選手に関してはチーム単位でのサポート個人での作成も多い模様。

インソール BANE

そしてサッカー、ラグビーにおいて特に有用になるインソールは下記3枚



ミドル~ハイアーチ形状にフィットし、サポートの高いアスリートグリップ
(※下記2枚に比べると優先順位は落ちます)



ミドル~ローアーチ形状にフィットし、サポートの高いアスリートグロップ7
(※アスリートグリップ黄色より薄くて低いアーチです)
(※特にラグビー推奨、サッカーも可)



全アーチ対応し、スリムなシューズにも入りやすく、サポートをマイルドにしたボールスポーツ
(※特にサッカー推奨、ラグビーも可)

この3枚が主にサッカーやラグビーで有用なインソールとなっています。




選べるチョイスは少なめですが、かえって選びやすくわかりやすいのがバネインソールの良いところ

踏ん張る強さ、バランス感覚を求める選手ミドル~ローアーチの選手アスリートグリップ7

・踏ん張り、バランス感を求めつつ、より違和感の少ない足と靴へのフィット、ボールタッチを求めるならボールスポーツ

と、シンプル。

価格も5000円前後と、ギリギリ部活生が出せるか出せないかという価格帯で、高すぎないのもお勧めなポイント。

効果を体感しやすい製品でもあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました