BMZ アシトレ インソール解説

高機能インソール

本日はBMZから販売されている普段履き用のインソール


20210616_115127



アシトレの紹介です。


名前の通り、日常履きに入れることでトレーニング効果が期待できるというインソール。





20210616_115130


BMZの立方骨、踵骨前支持を中心に、前側にパッドを入れたものとなっているアシトレ


早速機能性をチェックしていきます。








【機能性】
20210616_115347


基本的なBMZの機能である、立方骨と踵骨前支持を残しつつ、前側にパッドを入れているのがアシトレの特徴。


立方骨と踵骨前支持は、



20210616_115420
20210616_115427


この足の若干外側にくる、青色の部分がメインとなって支持する形に。


かかとの前と立方骨という外側の骨を柔らかいパッドで支えることで、外側のアーチが機能するように作られているのがBMZ系列のインソールの特徴となっています。







20210616_115459




そしてつまさき、拇趾球や小指球周りにはクッションパッドを追加してある設計。


こちらは立方骨を支えるパッドよりも広く、もう気持ち硬めにできており、ここに凸を作ることで踏み返しバーのように機能します。





20210616_115517
20210616_115453



雑に言うとつま先の方が比較的分厚く設計されているので、毎回踏みしめるように歩かないとあまり前に進まないような仕組みになっています。

基本的にはアシトレ、鍛えるインソールなので、使う、疲れるような仕様となっています。




20210616_115431



また、他の仕様でいうと表面はメッシュ素材を採用しているものに。


汗をかいてもべたつきにくいようにメッシュ素材が採用されています。







20210616_115602
20210616_115456


全体的にクッションが柔らかく、沈み込むような設計になっているアシトレ。


違和感は少ないような一枚に仕上がっているかと思います。





【まとめ】
20210616_115351

BMZから販売されているアシトレインソール。

その機能性を解説しました。



20210616_115401


基本的には普段履きに入れて活用するタイプのインソール。

気になる方はサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。









 
ではでは




コメント

タイトルとURLをコピーしました