アディダス コパセンス.1FG 解説

アディダス 着用感想&紹介記事

本日はアディダスの最新サッカースパイク

20210920_150651

コパセンス.1FGの紹介です。

ディバラ等が着用するアディダスのフィッティングに拘ったサッカースパイク。

20210920_150641

高いホールド性とフィットが特徴となっている今作。

早速機能性を解説していきます。



【足型】

20210920_150821

足幅はE~2E程度、つま先周り高さ標準、甲標準程度となっています。

20210920_150854

今回も0014は25.0cmをチョイス。

コパシリーズはコパ19.1HG以来でしたが、サイズの感覚的には以前よりもゆったりしている印象を受けるものとなっています。

20210920_150807

また、足型はエジプト~ギリシャどちらもある程度対応できそうな形状に。

基本的にはいつもと同じサイズの購入で問題なさそうです。


【前足部】
20210920_150832
アッパーにはフュージョンスキン、カンガルーレザーが採用されています。

水の浸水に強いレザーアッパーで、今作は前足部に波型の凹凸を設けることでグリップ性を持たせている意匠となっています。

20210920_150840

前足部に関しては適度な薄さとレザーの適度な柔らかさが感じられるアッパーに。

コパシリーズのレザーの足馴染み、タッチ感を感じられるような設計になっています。

20210920_151003
20210920_150900

また、インサイド部、アウトサイド部にはタッチポッドと呼ばれるクッションフォームを搭載。

トラップやタッチ、ドリブルといった動作で使われやすい場所にクッションフォームを搭載することで、より精度の高いタッチを生み出す仕様となっています。


【中足部】

20210920_150850

アッパー中足部にはマイクロファイバーを採用。

この中足部域にはセンスポッドと呼ばれるクッションフォームが搭載されています。

20210920_151238
20210920_151332

このように薄く柔らかいシュータンの内部にクッションフォームを4か所設置することで、甲部のフィット感を高めるような意匠になっているのが特徴。

このクッションフォームで足とのフィット性を高める意匠となっています。

20210920_151005
20210920_150934

そしてインサイド、アウトサイド部には凹凸を設けることでグリップ性を確保。

サポート性も兼ね備えた設計になっています。

【後足部~内部】

20210920_151404

アッパー後足部、かかとにはヒールカウンターを搭載。

大型、超強力なヒールカウンターを搭載することで、高いホールド性を発揮している仕様となっています。

20210920_151418

そしてこのかかと裏にもセンスポッドクッションが採用。

かかとが脱げにくいように配置されており、起毛素材で滑りにくく仕上がっているのも特徴と言えます。

20210920_151528

そしてミッドソールには凹凸を設けることでインソールが滑りにくく設計されており、

20210920_151654
20210920_151706

インソールは分厚めのクッション性のあるインソールを採用。

踏ん張りやすいように設計されているインソールとなっています。

【アウトソール】

20210920_151747

アウトソールには天然芝で使用できる12本半円スタッドを採用。

グリップ性の高いアウトソールに仕上がっています。

20210920_151754

特に内側2本は低硬度で出来ており、ボールコントロール性を高めるような意匠を採用しているのがポイント。

他にも踏ん張りやすく、鋭いターンや踏ん張りが効きやすいスタッド配置になっているのが特徴と言えます。

20210920_151831

全体的にグリップ性が高く、踏ん張りに強い設計になっているのがコパセンス.1FGの強み。

全体的な所でいうと大型の選手、パワフルな選手に特にマッチしやすいスパイクと言えます。

【まとめ】
20210920_150645

アディダスの最新サッカースパイク、コパセンス.1FG。

その高いホールド性、フィット性、グリップ性を確認する事が出来ました。

20210920_150649

特に天然芝でプレーする、パワフルな選手に使って貰いたいようなスパイクに。

サッカーでもラグビーでも検討してみて良いスパイクですね。

ではでは

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました