本日は正しいサッカースパイクの選び方、試着の仕方を考えました。
(※順次各記事をリニューアル中です。この記事もリニューアル途中です。少しづつより良い情報にアップデートしていきますので、ご了承ください。)




スパイク 選び方






(サッカースパイクの試着方法を紹介した動画はこちらになります!)
※後日リニューアル予定




スパイクを選ぶ際は

1.足に合うこと
(フィットしているかどうか)

2.環境に合うこと
(使用環境や使用用途にあうかどうか)

3.プレーに合うこと
(プレースタイル、フィジカルレベルにあうかどうか)




この三つが重要になりますが、今回の記事は一番重要な1.足に合うことを主眼においた記事となります。





他の記事で2.環境に合うことを主眼においた記事は↓











3.のプレーに合うことを主眼においた記事は下記にあります。











また、自分に合ったスパイクを選ぶのに必要となる自分の足についての記事はこちら










補足的な記事はこちら










更にお買い得情報は↓となります。














では、この記事では1.足に合うことを主眼においた、店頭での試着の仕方をご紹介したいと思います!






20200406_181158



まず試着する前にする準備として、


1.試着する時間に気を付ける

2.普段練習や試合で使用するソックスを持っていく

3.普段練習や試合で使用するインソールを持っていく





の三点が必要です。


試着時間に関しては、そこまで相関関係はないのですが、若干午後の方がむくみやすい傾向があるようです。
(※個々人によって差がありますので、あんまり神経質にならなくて大丈夫です)
















また、2と3については、ソックスやインソールの厚さによってもフィット感が変わってくるので、こだわりがある場合は必ず自分で持ち込んで下さい

こだわりがない場合はお店の方でも借りられることが多いので、スタッフさんに訪ねてみてください。



ただ、この記事を読んでいるあなたは少なくとも、拘られた方が良いとは思います。

選べるスパイクの幅が広がりますし、なによりスパイクとのフィット感もパフォーマンス自体もよくなることが多いです。
















20200406_181221
20200406_181340



そして早速試着。


試着時にソックス、インソールを入れ替えるのを忘れずに。




20200406_181428



まずは絶対両足を試着しましょう。
サッカーもラグビーも基本的に両足でプレーするものです。
本気で選びたいのなら両足しっかり試着しましょう。







20200406_181517




次に踵を合わせましょう
踵を合わせないとサイズ感も狂ってしまうので、しっかりと合わせます。


踵をコツコツと地面に当ててあげれば大丈夫だと思います。








20200406_181508




そして結ぶ前に立ってみて、まず初めにかかとが合っているか確認しましょう。





20200406_181533





紐を結ばなくていいので、かかとだけを素早く上下させます。







20200406_181535





本当にかかとがぴったり合っているなら、

結ばなくともかかとは少しも上下せずにについてくるはずです。







(※ライブ配信で良い踵、悪い踵についてお話しました)








20200406_181549



かかとが合っていれば、次にかかとを合わせたままの状態で、座って紐を絞めていきます。







20200406_181555




今度は座った状態で、



20200406_181619



よりフィットさせたいならつま先を立たせた、かかとをついた状態で結び





20200406_181608


気持ちゆたっとフィットさせたいなら足裏全体をついた状態で結びます。




この時、

適度にサイドから締め上げる事を意識していきます。

ちなみに紐は上へは引っ張りすぎず、あくまでシューレースホールに負荷をかけないようにホールドをかけていきます。




結び終わったときに、




20200406_181645



シューレースが狭まりすぎている場合はスパイクの横幅が広いか、甲が高すぎるため足に合っていません




また、


20200406_181635



シューレースが広がりすぎている場合はスパイクの横幅が狭いか、甲が低すぎるため足に合っていません




この時点でこのような形になってしまった場合、足に合っていない可能性が高いので諦めて違うものを試しましょう




20200406_181738



色々試着して、丁度良いものを選ぶように心がけてみてください。
(※上の画像はやや足の方が甲高ですが、ギリギリ許容範囲内です。)
(※圧痛等がなければ、足の方が高い分にはそこまで神経質にならなくても良いです。)








20200406_181857



次に、結び終わったら必ず立って確認をします。





20200406_181858




この時、合っているか確認する際に
大きい方の足を中心にサイズを考えましょう。




実際問題サイズが大きい方に合わせないと足が入らない恐れがあるので、基本的に大きい足にサイズを合わせるということをしてください。







(※ライブ配信でサイズ感についてお話ししました)









20200406_181914




確認はまず踵です。

歩いてみて違和感がないかどうか、ズレたりブレたりしないかどうかを確認します。




かかとが合わないとスパイクの機能性も台無しなので、ここが一番重要な確認ポイントとなります。













20200406_182035




踵からの中足部下部、ちょうど指で触っている部分にゆとりやしわがあれば、ヒールカップ、カウンターの幅が緩い可能性があります。









20200406_181908



また、ヒールカウンターを持ってかかとのみ左右に動かした際に、かかとがすぐに動いてしまうのも緩く合っていない証拠です。
(あまり捻らないのがポイントです)


逆にサイドが食い込む、後が食い込む等あれば、クッションフォームやカップ、カウンターの強度や設計が合っていません。
(※こちらのケースに関してはすぐに圧痛、痛みが出るのでわかりやすいと思います)




20200406_182331



また、靴のかかとを自分のかかとで引っかけながら、かかとを上下動させていくのも重要な確認方法となります。




一番はこの踵なので、まずはここを大事にしていきましょう。
(※ソール、底が屈曲する部位がズレていたり硬すぎたりすると脱げやすい事もありますので、屈曲も合うか注意)












次に爪先回りの縦の感覚です。




20200406_181939




爪先回り、縦の感覚は好みにもよりますが、主に0.5cm程度になるようにしてみてください。

痛くない程度にぴったりなのが一番良いので、サイズが下げられそうなら下げて試してみましょう。





20200406_181939





MAX大きくても0.7㎜程度、小さ目でも0.2㎜程度の空きを持っておきましょう。



それ以上、それ以下に関してはお勧めはしないです、自身の判断でお選びください。











更に横幅の確認。





20200406_181950



先程シューレースを結んだときにある程度はわかっていますが、今一度確認します。
天然皮革や、トップモデルの人工皮革であればかなり伸びや馴染みが期待できるので、特にアウトサイド側は多少きつくても大丈夫です。


が、アウトソールからはみ出ているのはアウトですので注意してください。






20200406_181952






また、内側の空きに関しては足の歪みが原因だったり、致命的にスパイクの足形と合っていない可能性があります。





20200406_181956





外側は小指の付け根はきついのか、それとも指先がきついのかで選ぶべきスパイクが変わってきます。



付け根なら足幅


指先なら指先周りのゆとり、足型の設計



を意識しないといけません。













20200406_182005




また、逆に爪先回り上部や横にゆとりがある場合もサッカー的にはNGです。


タッチ感がすこぶる悪くなります、が、足に対しては極端に悪いことが少ないので、見逃してもOKです。
(※それでもアッパーが変に折れて足に刺さったりしますけどね…)


スパイクの容積と足の容積が合っていないので、これも別のものを検討するべきパターンとなります。








20200406_181957




また、各指に対してのフィッティングも適切かどうか確認することが重要です。


特に人差し指が長いタイプの足の場合、人差し指がきつすぎることに気づいていないことがあるので注意です。




とりあえず、ゆとりがありすぎないか、もしくは当たって痛くないかを見ていけばOKです。







20200406_182012
20200406_182016
20200406_182021
20200406_182025
20200406_182038
20200406_182044





他にも

甲部

内土踏まず付近

外土踏まず付近

ヒールのクッションパッドの位置、硬度

ヒール後ろのカーブ

ヒールサイドの食いつき

外果、内果の高さ




等々見るべきポイントはこれ以外にもまだありますが、




とりあえずかかととサイズがぴったり合っていて、痛くなく緩くなければ大まかにはOKです。









20200406_182331




そしてここからは動作を加えて確認します。


片足を前に出し、体重を前の方にかけます






20200406_181923



これで体重を乗せた状態でも痛くないかどうかを確認します。



痛くなりやすいのは親指爪先~上側と、横幅(小指付け根側面)になりますので、とくにそこを重点的に見ていきます。






20200406_182336





更に今度は足を屈曲させます。


屈曲させても痛みがでないかどうか変なシワになっていないかを確認します。








20200406_181914





そして最後は歩いて確認。




歩いて違和感はないか、足がブレないかを確認していきます。











そして再度、全体の確認。


20200406_181858





触ってみて変に余っていないか、歩いてみて違和感がないかどうか、変なところに圧迫感はないか、アッパーに変なシワが出来ないかどうかを確認します。









これで試着は終了です。

良ければ購入してみても良いのではないかなと思います。








ちなみにですが




image


購入後はシューレースを上から通すのがおすすめです。


慣れないうちは圧迫感があったり、調節しにくかったりと大変ですが、試合中常にベストの状態で保ってくれます。



下から通すと途中で緩むので楽ではありますが、ベストを保つために常に結び直すことが必要となります。




ですので、シューレースを上から通すのを是非購入後は試してみてください。
(※また、実は足の歪みやプレーに合わせて結び方、通し方が変わります。)












また、成長期、足が大きくなるお子さまのシューズも基本的にはぴったりを選んでください


大人用のスパイクでも土で毎日使えば大体2~3ヶ月で潰れます。

子供用のスパイクであれば、同じくらいの頻度で使えば、もっと早く潰れることになります。



スパイクが壊れる頃には足が少し大きくなっていると思うので、そのあたりも考えて購入してみてください。


あなたの足ではなく、大事な息子、娘さんの大事な足ですから、親御さんがしっかりと店頭のスタッフと相談しながら選んであげてください。

…せっかくなら美脚な男子、女子で痛みやストレスの少ない体、健康的な足でいてくれる方が親としては嬉しいと、きっとそう思いますので。
















ではでは(^_^)/








一番大事!? 激安お買い得情報!


絶対に抑えておきたい! スパイクの選び方、正しい試着方法


スパイクを選ぶ前に! 最低限知っておくべき自分の足情報!


ポジション、プレースタイルに合ったスパイクでパフォーマンスアップ!


どれが良いかわからない! スパイクの質にのみ焦点を当てた記事


プレーしたら足に合わない… そんなときの対処法


大事なスパイクはメンテナンスで大事に着用! メンテナンスの基本


0014厳選 本当に良いと思ったスパイク