ラグビースパイク ポジション別 プレースタイル別 一覧表

ラグビーポジション別

各社から数多く発売されているラグビースパイク。
本日は各ラグビースパイクがどのポジションに、どんなプレースタイルの選手に適しているのかを解説していきます。

あくまで目安、ご参考までに。
FWの選手は練習用に固定式をおススメします。
基本的にトップモデルの機能性(FG~SG)をベースに紹介しています。
低価格モデルや日本仕様モデルになると、当然仕様が変わるor機能性は落ちます。
取替式が国内で入手できるものは、その辺りも加味して掲載しています
ミズノ、アシックス、アンブロ、ニューバランス等は2ページ目以降にあります

NIKE

マーキュリアルシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>


 

最速を求める選手に向けたスピードスパイクとして登場して、既に14代目となるマーキュリアルシリーズ。

特にスピード、ステップといった動きに強く、主にバックス、ランナーに適したスパイクと言えます。
シリーズ最上位モデルのエリート FG(天然芝用)が最も機能性として高く、次いでエリート AG(人工芝用)、エリート SG(雨天時用)等、素晴らしいスペックを誇るのがナイキ製品の特徴。

SG(取替式)はナイキのカラーオーダーシステム、NIKE BY YOUでなら作成できるので、バックローまで対応します。

ご購入はこちらからどうぞ

ファントムシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>


その時々でTOTAL90、ハイパーヴェノム、ファントムGTと名前を変え、時代に合わせて特性を変えているのが最新作、ファントムGT2シリーズ。

特にカットインの動きに最適化されており、加えてキッキングエリアが広い事から、バックスリーやハーフバックスに適したスパイクです。

主な着用選手はサントリー、流選手等。
スピードに最適化された設計という訳ではないので、どちらかというとキックとアジリティで勝負する選手に適しているのがファントムGT2の特徴。

取替式も正規品はNIKE BY YOUでなら購入する事が可能です。

ご購入はこちらからどうぞ

ティエンポシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>


 

フィット性に優れているスパイクとして発売されているのがティエンポシリーズ。

ラグビーには適さない事も多いですが、チェスリン・コルビ選手等が愛用しています。
ティエンポシリーズは特にカンガルーレザーの足馴染み、フィット感が特徴のスパイク。
天然皮革が好き、柔らかくフィットするスパイクが好きな選手が選ぶスパイクといえます。

柔らかいので、比較的接触の少ないスクラムハーフに適したスパイクです。

ご購入はこちらからどうぞ

adidas

プレデターシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
後日レビュー予定
ボールコントロールをコンセプトに復活した、プレデターシリーズ2022年度モデルがプレデターエッジ。

ラグビーでの着用選手は少ないですが、ラグビー版プレデターには無い良さもあります。
サッカーのプレデターエッジは今回キック力増強機能が搭載されており、飛距離が伸びやすくなる設計になっているのがポイント。

キッカーを務める、キックを良く蹴るハーフバックス、センターにおすすめなスパイクです。

ご購入はこちらからどうぞ 

エックスシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>


 

スピードをコンセプトにアディゼロシリーズから生まれ変わって登場しているのが、エックスシリーズ。
前作エックスゴーストを更にフィット感良く仕上げているのが、今作エックススピードフローです。

選手で言うと、パナソニックの野口選手等が着用しています。
エックスシリーズは特に縦方向へのスピードに特徴のあるスパイク
カーボンプレートを内蔵した独自のソールプレートが、他製品を圧倒するエネルギーリターンを生み出す製品となっています。

選手としてはパワフルなフィジカルを兼ね備えたスピードランナー、前線やサイドでスピードを活かすプレーヤーに適したスパイクです

ご購入はこちらからどうぞ 

コパシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
クラシカル、フィットをコンセプトに作られたコパシリーズ2021年度モデルが、コパセンスシリーズ。

実は一部取替式も国内で展開されており、パナソニックの坂手選手等が愛用しています。
コパシリーズは特にフィット性に特徴のあるスパイクで、今作コパセンスでは高いフィット性を生み出すクッションフォームが特徴となっています。

選手としては固定式でも取替式でも、パワーを発揮しやすい設計にもなっているため、FWの選手やセンターといったポジションで活躍しやすいスパイクです。
余談ですが、コパカピタンシリーズはよりフィット性、カンガルーレザーの足馴染みを引き出した柔らかめのスパイクに。
同じコパシリーズですが、こちらは別物です。

ご購入はこちらからどうぞ

プレデターマリス

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
アディダスのラグビースパイク、キック精度を高めるスパイクとして展開されているのがプレデターマリス。

主な着用選手は元サントリー ボーデン・バレット選手等。



キックの精度を高めるラバーが採用されているのが特徴で、スパイクの特徴を考えるとハーフバックスやセンターといったポジションにおススメなスパイク。

取替式がメインで展開されているため、FW、バックローの選手にもおススメとなるスパイクです。

ご購入はこちらからどうぞ

アディゼロRS7

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
アディダスのスピードスパイク、アディゼロが復活して登場しているのが今作、アディゼロRS7。

軽量でフィット感の良いスパイクで、比較的ポジションを選ばず使う事が可能なスパイクです。



特徴がフィット性、軽量性、そして取替式のグリップ性なので、ポジション的特性があまりないスパイクともいえます。

バックスは勿論、フロントロー以外のFWであれば候補にいれたいスパイクと言えます。

ご購入はこちらからどうぞ

カカリZ.0

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
アディダスのフロントロー向け、肉弾戦スパイクがカカリシリーズ。
今回のカカリZ.0は非常に強靭で、相当タフで強いスパイクに仕上がっています。

主な着用選手はパナソニック 稲垣選手等。



非常に強いアウトソール、アッパー、そしてグリップ力が特徴であるため、スクラムを支えるフロントローに最適なスパイクの一つ

扱えてギリギリ、レベルの高いパワー重視のロックという所になるので、フロントファイブにおススメのスパイクです。

ご購入はこちらからどうぞ

puma

ウルトラシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>


プーマの超絶軽量、スピードに注力したスパイクがウルトラシリーズ。
遡ればvシリーズやエヴォスピード、プーマワンの系譜になり、他製品を圧倒する軽量性が強みのスパイクです。

主な着用選手は神戸製鋼アム選手等。
ウルトラシリーズは特にその他の追随を許さない程の圧倒的な超軽量性、そしてスピードに振り切った設計が特徴のスパイク。
カーボン繊維を用いたアッパー材や、ブレを抑えるスピードケージ設計と、ハイスピード下での方向転換、切り返しも得意としたスパイクです。

取替式も展開されているため、スピード重視のバックローから、バックスリーまで幅広く対応できるスパイクです。

ご購入はこちらからどうぞ

フューチャーシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>

後日レビュー予定
プーマのアジリティ、敏捷性とフィット性に注力したスパイクがフューチャーシリーズ。
今作フューチャー1.3はより柔らかく、履き心地良くなっています。

取替式の展開もある、貴重なスパイクの一つです。
フューチャーシリーズはアジリティコンセプトとなっていますが、最も強く体感できるのはフィット性
今作は特にその傾向が強く、ラグビー的には少し柔らかい事も。

そのため、軽量でも比較的活躍できるハーフバックスにおススメなスパイクです。

ご購入はこちらからどうぞ

プーマキングシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
プーマのクラシカル、フィット性に優れたシリーズがプーマキングシリーズ。
近年冷遇気味なシリーズでしたが、最新モデルのプーマキング21シリーズでは多くの製品が登場しています。



プーマキングシリーズはカンガルーレザーのフィット性が特徴のスパイクで、取替式の展開はないスパイク。

主にハーフバックスなら使用出来るスパイクとなっています。

ご購入はこちらからどうぞ

アバントシリーズ

<適正ポジション&プレースタイル>
<詳細スペック&レビュー>
後日解説予定
プ―マから発売された待望のラグビースパイクが、アバントシリーズ。
FW、特にロックに適したスパイクで、重量級のバックロー、もしくは軽量なフロントロー(いるのか?)ならハマりそうなスパイクです。
ご購入はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました